香るブログ(旧)

新しいサイトに移転しました!!
http://lotta00.seesaa.net/
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
HP
Heart Note
〜香水コレクション〜

管理人について
るーじゅ・ろった
 Rouge Lotta


♀神奈川県在住
★香水 コレクター
★AEAJ認定アロマテラピーインストラクター

カスタム検索











HPで紹介中の香水
★ collection 1 ★
リヴ ゴーシュ(イブ・サンローラン)
グリーンティ ビアンヴニュ(ロクシタン)
ル パルファム(ラリック)
トレゾア(ランコム)
ブロンド(ヴェルサーチ)
地中海の庭(エルメス)
ティファニー(ティファニー)
アパラシオン (ウンガロ)
スピリットオブアユーラ(アユーラ)
アングロマニア (ヴィヴィアンウェストウッド)
カボシャール (グレ)
ポエム (ランコム)
ブルガリブルー (ブルガリ)
  イグレック(イヴサンローラン)
エレニシア (ペンハリガン)
オピウム (イヴサンローラン) 
ルージュエルメス (エルメス) 
トゥルーラブ(エリザベスアーデン) 
サファリ (ラルフローレン)
レッドドア (エリザベスアーデン)
ピュア (アルフレッドサン)
アクアウーマン (ロシャス)
ドリームズバイタブー (ダナ)
サムサラ (ゲラン)
ディオリッシモ (クリスチャンディオール)
212 オンアイス(キャロライナヘレラ)
アニマル (パルロックス)
アーデンビューティ (エリザベスアーデン)
アマリージュ (ジバンシー)
シャンゼリゼ (ゲラン)
クリスタル (シャネル)
フィジー (ギラロシュ)
ジョイ (ジャンパトゥ)
オシアヌス (ボディショップ)
ルミエール (ロシャス)
レールデュタン (ニナリッチ)
ミツコ (ゲラン)
No5 (シャネル)
プワズン (クリスチャンディオール)

★ collection 2 ★
重ね香(メナード)
ヘヴンセント(ダナ)
ヴァンヴェール (ピエールバルマン)
きぬ (カネボウ)
イノセンス (クロエ)
No22 (シャネル)
セレニオン (ポーラ)
フランク オリヴィエ (フランクオリヴィエ)
ヴィゾン (ロベールボーリュー)
イリュージョンパイエット (ミシェルクラン)
ホワイトローズナチュラル(資生堂)
禅 琴 舞 (資生堂)
ポーラ美術館フレグランス
ソワールドパリ (ブルジョワ)
タバコフラワー (ボディショップ)
シャスレス (ポーラ)
ティータイム (アヌッチ)
アンフルールドシャネル (シャネル)
ランコントレ (ポーラ)
オーララ (ロリスアザロ)
緑映 (メナード)
コンプリス (コティ)
T・ウッズ (タイガーウッズ)
ヘッドオーバーヒールズ (レブロン)
コメディ (ミシェルクラン)
フラジャイル (J P ゴルチエ)

★ collection 3 ★
ウィズラブ(ヒラリーダフ)
ダム ブランシェ (ノバエ)
ルルギネス (ルルギネス)
アムールドパトゥ(ジャンパトゥ)
スイドリーム (アナスイ)
リバティン(ヴィヴィアンウエストウッド)
キュリアス(ブリトニースピアーズ)
プチママン (ブルガリ)
ビ デリシャス(ダナキャラン)
コラソン(アガタルイスデラプラダ)
ウィッシュ (ショパール)
ガニア (プレステージ)
レヤーニ (レヤーニトラデイション)
シピュア(パルファムサントアムール)
ロリータレンピカ (ロリータレンピカ)
ル ジャルダン (マックスファクター)
シキシム (U・D・V)
オードロペ (ロペ)
ベビードール (イブサンローラン)
ブドワール(ヴィヴィアンウェストウッド)
ローラアシュレイNo1(ローラアシュレイ)

★ アンティークcollection ★
No5 (シャネル)
ボカージュ(ランコム)
エメロード (コティ)
ルールブルー (ゲラン)
マスミ (コティ)
アルページュ (ランバン)
タブー (ダナ)
トスカ (4711)
ソフィスティキャット (マックスファクター)
ショッキング (スキャパレリ)
レーマン (コティ)
オンザ ウインド(ブルジョワ)
プリンスマチャベリコレクション
ヌイ・ド・ノエル (キャロン )
バラベルサイユ (ジャンデブレ) 
イブニング・イン・パリ(ブルジョワ)



<< 岩盤浴でやせる体になる! | main | 記憶力の向上にはバラの香りが有効 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
映画「パフューム」鑑賞
パヒューム 〜ある人殺しの物語〜 観てきました。

正直言いまして「娘を連れて来なくてよかった」というのが素直な感想。
グルヌイユの異常さ、香りに対する執着、犯した殺人の数々、魚市場などの下町の不潔さ、残酷さ、暗さ・・・映像にするとやはりとんでもなくグロいです。。
特に死体から香りを抽出するシーン。
(あれは油脂吸着法の一つでアンフルラージュといいます)
小説で読むと「ふーーむ」という感じなのですが、実際に映像で観るとただただ「おぞましい!!」

それに処刑広場で群衆が狂喜乱舞するアレ・・・
一応PG-12指定映画になっているようですが、R-15にしたほうがいいのでは??

香水をテーマにした映画として、女性向けの宣伝広告が多く行われていますが、映画の内容は決して女性向きではありません。
テーマは香水ではなくて「匂い」なんですよ。むしろ男性向けと言った方がいいかもしれません。
ポスターやチラシに出ているような美しい映像は全体からみればほんの僅か。後はドロドロ不潔で臭くて気持ち悪いんです。
何も知らないでうっかり映画館に入ってしまった女性やカップルは、果たして最後まで観ることができるのかしら・・?とちょっと心配になってしまいました。

と、悪いことばかり書いているようですが
ナレーションの雰囲気一つからして原作に非常に近いものを感じましたので、私としてはまずまず満足しております。
バルディーニの店にある香料のビンの数々、水蒸気蒸留装置なんかはヨダレが出る思いでして・・・
(私もマニアックな人間ですから^^)
上流階級のマダムが新作香水を試してるシーン、手首にパルファンを一滴垂らしてそっと撫でて嗅ぐ・・・
これ、本当に羨ましかったです。
現在ではこんな方法でお客に香りを試させてくれるショップなんてありませんもの。

バルディーニがグルヌイユの創った香水を嗅いで、周りが天国になってしまって美女まで登場しちゃうのも羨ましかったです。
今までいろんな香水を使ってきましたが、あそこまで感動できたことはないですから・・・

全ての人にお勧めできる映画ではありませんが、香り、香料などに興味のある方でしたら色々な意味で参考になると思います。
アロマの勉強なさってる方にもよいですよ。
気持ち悪いシーンは目を閉じて、グラースの花摘み光景、香料抽出の様子などだけ^_^;しっかりと見てくださいませ。

| るーじゅろった | 映画 | - | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
url: http://heartnote.jugem.jp/trackback/237
映画「パフューム」画像で紹介
映画『パフューム ある人殺しの物語』が公開された。 クライマックスシーンで、750人もの男女が愛の営みを演じる。壮絶の一言です。 メイキングも。
| 映画「パフューム」画像で紹介 | 2007/03/06 11:38 AM |
ある匂いフェチの物語
自分のアーカイブを探していたら、変なタイトル付けすぎて 一体なんの映画のレビューを書いたのかタイトルで判断できず 困りました。対策が必要ですな、と。 今日の一本はある匂いフェチ犯罪者のお話 「パフューム―ある人殺しの物語」をご紹介。 マキネマ
| マキネマ通信 〜makinkoによる私的映画レビュー〜 | 2008/01/25 11:45 PM |